ぜひご参加
スクエアサイズおむすび

食と器にこだわったworkshop『on the Table』
『幸せな台所仕事は祖食から』
講師:おむすび茶屋さつき 宮下治子

手仕事の楽しさ、日本人が大切にしてきた味や素材の活かし方、
季節をいただくありがたさが身にしみる“祖食”講座です。
日本人の懐かしい母の味、お出汁の取り方から、
ご飯、旬菜のおかず、お味噌汁、漬物などを一緒につくりましょう。

基本は、
◎ごはん
◎一汁一菜
◎漬物
◎ひとくちデザート
になります。

■ 2018年Schedule ■    
《 時間11:00~14:00 》

■10月11日(木)

10月は新米・新豆・芋などが美味しい季節です。
新米を使って、白狐(おいなりさん)を実習しましょう。
豆や芋など、秋の恵みを使っておかずを作ります。

・白狐(しろぎつね)
 お醤油を使わない出汁と梅酢で炊いたお揚げで包みます、中には新芋を入れて
・里芋の旨煮
・汁物
・デザート


■11月8日(木)

11月は、秋刀魚やキノコ、ゆずなどの旬の素材を使った料理になります。
とっても人気の柚子胡椒を作ったり、おいしくむすぶおむすびのコツなども
実習してみましょう。


■12月13日(木)

12月は簡単で美味しくできるお赤飯。
そして、根菜が美味しい季節なので、
根菜団子汁など体が温まる料理を実習しましょう。


◎内容・食材は予定。旬の美味しいものを優先しますので、
 変更する場合があります。
 基本は実習になります。(一部実演のみ)


**募集は9月20日(木)10時から**

●講座費 5,500円(当日現金)代理受講可。
 
キャンセルポリシー:
前日のキャンセルは参加費の50%、
当日キャンセルは100%を頂戴いたします。
材料とお席をご用意してお待ちしているため、どうぞご了承下さい。

●定員人数(最小催行人数) 8名


●申込方法 

おむすび茶屋さつきの以下メールより受付けます。
【e-mail】haru_1518ulaula(☆)ozzio.jp 
(☆)を@に変えてください。

件名に「アンドアール 料理教室」
・名前・携帯電話・メールアドレスを記入して送ってください。


■宮下治子 

【HP】 https://satsukichan.jimdo.com/


発酵の里・下総神崎の台所仕事研究家。
農家で行商人だった祖母との濃い関わりの中で、
日本人が大切にしてきた食の営みを身近に感じて育つ。
食の体験や、人、大自然の恵みとの出会いを通じ、
食材と命の架け橋の場を分かち合いたいと、
神崎町を中心に「おむすび茶屋さつき」と、料理教室を始める。